読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

抹茶アイス

カメラを買ってみました

【購入】LUMIX G 20mm F1.7

単焦点レンズが欲しいと悩みに悩んで LUMIX G 20mm F1.7 (噂の神レンズ)に決定!

 

中古で購入予定だったのですが、事前に調べた中古カメラ屋が見つからず、結局ビックカメラで新品3万弱で購入しました。

初心者にはもったいない高い買い物をしたので、元がとれるように頑張りたいと思います。

 

【購入基準・理由】

・初めての単焦点レンズなので「標準」画角のレンズが良さそうだと思った

・水族館や夜の撮影をしたいので、明るいレンズ(F値が小さい)がいい

・重くて分厚いレンズは結局持ち歩かなくなりそう(ミラーレス一眼用のレンズでも店頭で実際にみると大きくて重いレンズが多い)→軽くて薄いパンケーキレンズ

・「神レンズ」なら初心者でも綺麗な写真が撮れるのでは、という淡い期待

 

【使用初日の感想】

・不自由。→今までの標準ズームレンズはレンズの淵を回すとズーム出来たのですが、このレンズはズーム出来ません。「単焦点」だから当たり前ですが、今までズームレンズに慣れていたので、思っていた以上に不自由。手が勝手にレンズの淵を回す習慣が知らず知らずのうちに付いていたことに気付きました。

・ピントがなかなか合わない。→標準ズームよりピントが合う範囲が狭く、なかなか距離感覚がつかめなかったです。逆に一旦ピントが合ったら、後は被写体の周りをグルグル。標準ズームレンズの時より自分の体を動かしている気がします。

・標準ズームレンズは素晴らしい。→あんなに薄いのにズームも出来て、初心者にもそこそこ綺麗な写真が撮れるなんてすごいです。単焦点レンズを使ったことで標準ズームレンズの素晴らしさが理解出来ました。

 

不満ばかりでごめんなさい。ビックカメラの店内で試した時は、大丈夫そうだと思っていました。実際に自分で購入して使ってみると、購入してから家に帰ってレンズを取り付けるまでのワクワク感は一気に冷めていきました。大変なものを買ってしまったかもしれないと若干後悔しました。

それでも色々試していたら、距離感やピントさえつかめれば意外となんとかなる気がしてきました。

 

【使用数日後の感想】

・光のボケが綺麗。→憧れの丸いボケが綺麗に大きく出ます。標準ズームレンズのときは手前に被写体置いて望遠にしてもそこまで大きい丸ボケは作れなかったです。

・ピントが合う範囲が狭い。→標準ズームより周りのボケ方が大きいです。被写体以外の人や周囲のものがボケてくれるので、あまり気にならないです。

・静かで地味。→標準ズームは埋没式だったので、使用するときはレンズが前に出てきたのですが、このレンズはそのままです。大人しい印象を受けました。

・Pモードだと微妙。→標準ズームだとF値が3.5〜しか選べず、F値やシャッター速度を思ったように変更できなかったので、Pモードを主に使用していました。このレンズだとF値やシャッター速度を変更できる幅が広がったので、逆にPモードでは物足りないので、AモードやSモードに挑戦していきたいです。

・AモードでF値1.7で高速シャッター切れて気持ち良い→贅沢過ぎます。今までの標準ズームレンズはなんだったんでしょう。焦点距離の不自由さの代わりにF値とシャッター速度の自由を手にいれたような感じです。

・公園の鳥や魚をブレずに撮れる→シャッター速度を上げて撮っていたので、鳥や魚が小さいけれどブレずに撮れました。雀がこんなに可愛いなんて。もっと望遠のレンズが欲しくなりました。水族館好きなので、標準ズームで撃沈した水族館にまた挑戦したくなりました。公園の鯉よりもっと楽しいはずです。

F値を小さくするとピント合わせがシビア

・風景写真のピントの合わせ方が分からない→今までのレンズはF3.5〜だったのでそこまでボケず、適当な部分にピントを合わせていてもそんなに気にならなかったです。F1.7だとボケるのでどこにピントを合わせていいか分からなくなりました。F値上げればいいだけかもしれませんが、それだけだとつまらないし。

 

【作例】カフェのひと時  20mm,F2,1/80s,ISO640

f:id:matcha-ice-cream:20150131134631j:plain

初心者目線ですが、どうでもいい被写体でも綺麗に撮れます。カフェで試し撮りしてただけなのに、雰囲気良過ぎです。どこかのおとぎの国でしょうか。背景がボケボケ過ぎて人が写ってしまってもあまり気になりません。丸ボケがまん丸ではないのは謎です。カメラを入手してから世界が綺麗に輝いて見えます。特に撮りたいものが決まってないので、どうでもいい被写体の写真ばかり増えていってる気がします。

初めはちょっと心配でしたが、まだまだこの単焦点レンズを楽しめそうです。

 

 

【手持ちレンズ】

2つに増えました。レンズ沼にはまりたくないですが、少しずつ集めて色々な写真を撮っていきたいです。